User Manual for SagCAD

編集

Prev | Index | Next


■ 編集の基本 ■

編集は、まずセレクトまたは範囲セレクトで図形をセレクトしてから各操作をします。
編集コマンドは、削除・対象・平行・回転・格子・スケーリング・線種変更・レイヤー複写・レイヤー移動などです。
編集コマンドは全て、図形をセレクトしてから使用します。


■ 編集コマンドのマウスの操作の基本 ■

左ボタンクリックで、点・線・円弧・円を選択します。
右ボタンクリックで、最後に選択した図形から1個ずつ解除します。
中ボタンクリックで、スナップメニューを表示します。

【 左ボタンクリックの詳細 】
左ボタンを押したときに、1度図形が点滅します。このときボタンを放さないで下のステータスバーを見ると「 3」などとデータ眦が表示されます。
ここで点滅した図形を見たり、このデータ發鮓て、選択したい図形ではないという場合には、マウスの右ボタンを押したまま、押した位置からずらして放すと選択されません。
また、図形が重なっている場合は、もう一度選択すると、図形を探す順番が前の図形の次から探すようになっているので、重なっている次の図形を選択できると思います。

【 中ボタンクリックの詳細 】
左ボタンで「点」だけをとりたいときは、マウスの中ボタンで出てくるスナップメニューの「点(P)」を選べば、左ボタンで「点」だけを取ります。その他も同じようにすれば、その要素だけをとります。
また、チェインを選んで図形をクリックすると選んだ図形につながっている図形全てを選択します。ある図形以降をチェインで選んで欲しくない場合は、切りたい図形のところを先に選んでおくとその後はチェインで選択されません。
チェイン2は、分岐地点でどちらに進むかを選択できます。NCデータを作るときにはこれを使ってセレクトして下さい。また、チェインと同じように、途中で止めたい場合はあらかじめセレクトしておくととまります。

また、カラーを選んで図形をクリックすると選んだ図形と同じ色の図形を全て選択します。


■ 削除 ■



セレクトされている図形を削除します。
キーボードの [Delete] ボタンを押しても削除になります。


■ コマンドキャンセル ■



全てのコマンドを解除します。
キーボードの [Esc] ボタンを押してもコマンドキャンセルになります。


■ セレクト ■



 セレクトしたい図形にマウスカーソルを合わせ、マウスの左ボタンを押します。この時図形が1回点滅するので目的の図形ならば、その場で左ボタンを離すとセレクトされます。
目的の図形でないならば、マウスカーソルを少しずらし、左ボタンを離すとセレクトされません。
 右ボタンを押したときは、その場所に関係なくセレクトした順番の最後の図形から、セレクトを解除していきます。

【 中ボタンのスナップメニューが使えます 】


■ 範囲セレクト ■



対角線を指定してできた四角の枠の中に入っている図形を選択します。

【 中ボタンのスナップメニューが使えます 】


■ 平行 ■



セレクトされた図形をピッチを指定して移動または複写します。


平行は、最初にマウスの右ボタンをクリックするか左ボタンをクリックするかで処理が変わります。

最初にマウスの左ボタンをクリックする方法

    1 : 左ボタン:ベクトルの始点を選択
    2 : 左ボタン:ベクトルの終点を選択
    [ データ入力 ] ダイアログが表示される。
    3 : 移動なら 1。複写なら 2以上を入力。


最初にマウスの右ボタンをクリックする方法

    右ボタン:[ 平行 移動/複写 設定 ] ダイアログが表示される。

    

    各データを入力して[OK]ボタンを押してください。

    ピッチ X
        ベクトルのX
    ピッチ Y
        ベクトルのY
    回数
        移動なら 1。複写なら 2以上を入力


■ 回転 ■



セレクトされた図形を回転原点と角度を指定して移動または複写します。


回転は、最初にマウスの右ボタンをクリックするか左ボタンをクリックするかで処理が変わります。

最初にマウスの左ボタンをクリックする方法

    1 : 左ボタン:回転中心をを選択
    [ データ入力 ] ダイアログが表示される。
    2 : 角度を入力。
    [ データ入力 ] ダイアログが表示される。
    3 : 回数を入力。移動なら 1。複写なら 2以上を入力。


最初にマウスの右ボタンをクリックする方法

    右ボタン:[ 回転 移動/複写 設定 ] ダイアログが表示される。

    

    各データを入力して[OK]ボタンを押してください。

    回転原点 X
        回転中心のX座標
    回転原点 Y
        回転中心のY座標
    回転角度
        回転角度
    回数
        移動なら 1。複写なら 2以上を入力


■ 対称 ■



セレクトされている図形を、指定された線を対称にして移動または複写します。


    左ボタン:対称軸となる線を選択
    対称移動のときは1を、対称複写のときは2を入力してください。


■ 行列複写 ■



セレクトされた図形を X方向のピッチ、X方向の回数、Y方向のピッチ、Y方向の回数を指定して格子状に複写します。


    [ 行列複写設定 ] ダイアログが表示される。

    

    各データを入力して[OK]ボタンを押してください。

    ピッチ X
        Xのピッチ
    ピッチ Y
        Yのピッチ
    回数 X
        Xのピッチの回数
    回数 Y
        Yのピッチの回数


■ スケーリング ■



セレクトされた図形をスケーリング原点とスケーリング係数(拡大率)を指定してスケーリングをします。

    [ スケーリング ] ダイアログが表示される。

    

    各データを入力して[OK]ボタンを押してください。

    スケーリング原点 X
        スケーリングの原点のX座標
    スケーリング原点 Y
        スケーリングの原点のY座標
    スケーリング係数
        スケーリング係数(倍率)

【注意】 セレクトされた図形を直接スケーリングします。元の図形を取っておきたい場合は、あらかじめコピーしておくなどしておいてください。


■ 線種変更 ■



セレクトされた図形の線種を変更します。


    [ 線種設定 ] ダイアログが表示される。

    

    変更したい線の色と線種クリックして[OK]ボタンを押してください。


■ レイヤー複写 ■



セレクトされた図形を別のレイヤーに複写します。

【注意】 セレクトされた図形は、複写したレイヤーでセレクト状態になっていますので間違って削除したりしないようにして下さい。


■ レイヤー移動 ■



セレクトされた図形を別のレイヤーに移動します。

【注意】 セレクトされた図形は、移動したレイヤーでセレクト状態になっていますので間違って削除したりしないようにして下さい。


編集

Prev | Index | Next

[ はじめに | 基本操作 | 環境設定 | 作図 | 編集 | 寸法 | CAM | SGY | Outside Process | その他 ]
Copyright © by kappa 1998-2003. All rights reserved.