User Manual for SagCAD

作図

Prev | Index | Next


■ 作図の基本 ■

このCAD は基本的には図形が何もない状態では作図ができません。(点だけは作れる。)
基本的な作図は既にある図形を基にして行います。

既にある図形を2つマウスで選ぶか、同じ図形を2回選んでそれに対して、作図する要素である点(・)・線(/)・円(〇)を作図します。
例えば、既にある線に対して5侘イ譴進森埓を作図したい場合は、基になる線を2回選択(本当は1回でできるようにしたいけど現段階では2回)すると、点(・)を作図するのか、線(/)を作図するのか、はたまた円(〇)を作図するのかと聞いてくるので、マウスで目的の要素を選びます。
ここでは、平行線なので線(/)を選びます。そうすると「オフセット距離は?」、と聞いてくるので「5」と入力して、「リターンキー」を押すか「OK」ボタンをクリックします。
すると1本の線が現れます。5侘イ譴進森埓はこの場合2本考えられますが、現れたその線はそのうちの1本で、目的の線がこの線でなければ、マウスの右ボタン(またはスペースキー)をクリックすると次の候補(もう1本の線)が現れます。
マウスの右ボタンを押すと何個かある図形を次々に表示していきます。また最後の図形になったらまた最初の図形に戻って表示します。
目的の図形が現れたら、マウスの左ボタンを押して作図完了です。
図形が 1個しか考えられない場合、または点を作成するときは、最後のマウスによる選択はなくて、そのまま図形を作成表示します。



作図コマンドのマウスの操作の基本

左ボタンクリックで、点・線・円弧・円を選択します。
右ボタンクリックで、最後に選択した図形から1個ずつ解除します。
中ボタンクリックで、スナップメニューを表示します。

【 左ボタンクリックの詳細 】
左ボタンを押したときに、1度図形が点滅します。このときボタンを放さないで下のステータスバーの右から3番目を見ると「 3」などとデータ發表示されます。
ここで点滅した図形を見たり、このデータ發鮓て、選択したい図形ではないという場合には、マウスの右ボタンを押したまま、押した位置からずらして放すと選択されません。
また、図形が重なっている場合は、もう一度選択すると、図形を探す順番が前の図形の次から探すようになっているので、重なっている次の図形を選択できると思います。

【 中ボタンクリックの詳細 】
左ボタンで「点」だけをとりたいときは、マウスの中ボタンで出てくるスナップメニューの「点(P)」を選べば、左ボタンで「点」だけを取ります。その他も同じようにすれば、その要素だけをとります。




■ 作図 ■



作図コマンドの詳細

覚えなくても感覚で操作できると思います。
自分も覚えていません。


【 点 & 点 】
2点が同一
点(・) : 相対点
線(/) : 角度線
円(O) : 点を中心とする半径Rの円
2点が違う
点(・) : 2点間の中点
線(/) : 2点を結ぶ線
円(O) : 2点を通る半径Rの円

【 点 & 線 】
点(・) : 最近点
線(/) : 点を通り、線を基準に角度θの線
円(O) : 点を通り、円に接する半径Rの円

【 点 & 円 】
点(・) :  
線(/) : 1点を通る円の接線
円(O) : 1点を通り円に接する半径Rの円

【 線 & 線 】
2線が同一
点(・) : 線の端点
線(/) : 平行線角度線
円(O) : 
2線が違う
点(・) : 2線の交点
線(/) : 2等分線
円(O) : 2線に接する半径Rの円

【 線 & 円 】
点(・) : 線と円の交点
線(/) : 円に接し線に平行な線
円(O) : 線と円に接する半径Rの円

【 円 & 円 】
2円が同一
点(・) : 中心点
線(/) : 接線(角度入力)
円(O) : 同心円(半径にマイナス値を入れるとオフセット円)
2円が違う
点(・) : 2円の交点
線(/) : 接線
円(O) : 2円に接する半径Rの円



■ 分割 ■



[クリック 1] 分割する図形を選択する。
[クリック 2] 分割する境界図形を選択する。

【注意】 分割は図形を2つに分けるだけなので、見た目は変わりません。


■ トリム ■



本ソフトウェアのCAD のトリムは、基本的に切り取りと延長をします。
ただし、円弧の場合の延長は、境界図形を点で指定しないと正しく延長されない場合があります。
また、円は切り取りのみで、境界図形を2つ指定します。
トリム図形の指定は、切り取りの場合残したい方の端点に近い方をクリックして下さい。延長の場合伸ばしたい方の端点に近い方をクリックして下さい。

[1] トリム図形の指定
[2] 境界図形の指定
[3] トリム図形が円の場合、境界図形の指定


■ 両方トリム ■



片方トリムはトリム図形をトリムしますが、両方トリムはトリム図形と境界図形もトリムします。

【注意】 境界図形が点または円の場合はトリムしません。というよりトリムできません。


■ フィレット ■



2図形の交点を、フィレットR or C 設定で設定されたRで面取します。


■ C面取り ■



2図形の交点を、フィレットR or C 設定で設定されたCで面取します。

【注意】 C面は、2図形の交点から長さ(フィレットR or C 設定で設定された)Cの距離の所で作ります。


■ 点座標入力 ■



絶対座標指示で点を作成します。
座標は X と Y を別々に入力し、Y が入力されたら次の点の座標 X の入力になります。点座標入力を終了させるには、キャンセルボタンをクリックして下さい。


■ 連続線入力 ■



連続して線を描きます。左ボタンで最初に始点(点のみ)を選択したらその後は終点(点のみ)を指示していきます。
連続線を途中で切って別の連続線に移りたいときは、右ボタンをクリックするとまた始点の指示から始まります。


■ 3点で円 ■



点図形を3個指定して円を作成・表示します。

【注意】 指定できるのは、点のみです。


■ 3辺で円 ■



線図形を3個指定して円を作成・表示します。

【注意】 指定できるのは、線のみです。


作図

Prev | Index | Next

[ はじめに | 基本操作 | 環境設定 | 作図 | 編集 | 寸法 | CAM | SGY | Outside Process | その他 ]
Copyright © by kappa 1998-2003. All rights reserved.